北国の春!カバーしました!

コロナウィルスで日本中、世界中が大変になっていますが、盛岡もそろそろ春到来です!

去年の冬は1stCD「あ・こ・す・ち・く」を重ね録音しておりましたが今年は、せーの!のノリを出して、スタジオライブ風にに録音しています。4月頃にはカバーCDとオリジナルCDを出す予定です!

アマチュアバンド活動としては、好きなジャンルの音楽を出来るだけ上手に演奏して、皆に褒めてもらいたいところなのですが無理(笑)ですので、私としては別次元の、死にぞこないのアーティストとしての、自分に対する最後の「おとしまえ」みたいなもんです。

それはみんなが繋がる事、世界が繋がること、ジャンルを超えて自分の中の過去の全てが繋がることです。若い頃一瞬、ロックと愛と平和と自由とお祭りを信じた事を、別な次元で表現したいんです。

意味不明かとは思いますが、北国の春を私は、オーティス・レディングのつもりで歌っています!(「ソウルミュージック」や「カントリーロード」や「さんさ」と「北国の春」は私の中では繋がっているんです。(昔、清志郎が「R&Bだぜ」「オーティスだぜ」と言ってた時、ピンと来なかったけど今なら分かる)そして全ての音楽は、混じり合って出来て繋がって来たんだと思います。おこがましいですが、モーツァルトのトルコ行進曲(笑)。チャックベリーのジョニーBグッド然り。セルジオ・メンデスなんかも。

跨ぐ、繋がる、超える、新しい面白さ、新しいストーリーを、自分なりに演っていくしかないです。それが演奏ヘタウマが限界のミュージシャンの宿命であり限界です。今回は岩手にゆかりのある歌をカバーしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です