西から流れる川面を見つめて

「ふ・た・り・の・り」の中で、自分としてはよく録れたと思う曲です!曲自体はヴァンモリソン風の歌として、東京時代にちょっと違う形で演っていたのを思い出して、新しく詞をつけました。シンプルに、今の思いを綴りました。

22~3歳の頃、友達に勧められて映画「フラッシュダンス」を見ました。主人公が肉体労働のあと、住んでいる倉庫で、毎日一人でダンスの練習に励むのを見て、私も一時期は毎晩家の倉庫で、歌の練習をした時期がありました。エリックバードン、ヴァンモリソン、オーティスレディングなど・・・。その後意を決して東京に行ったのですが、木造安アパート住まいだったので全く声を出せませんでした。その後20年間は、大音量のバンド練習以外は、いわゆるボーカルの練習はしていませんでした。

盛岡に帰ってきて、ギターをもって弾き語りをやろうとしましたが、家だとなか なか全開で歌えないし、ましてボイストレーニング的な事はやりずらいです。そこで車に乗って、山や川べりで歌うことにしました。 そこが前潟の雫石川べりです。

高橋竹山が裏山にゴザと三味線をもって行き、鳥の声を聴きながら練習してたように、ソニーロリンズがニューヨークのウィリアムズバーグ橋の下で人知れず練習していたように、初代西川岩月が夕顔瀬橋の下で川の音に負けじと江差追分を歌ってたように、私も、雫石川べりで歌うのです!