じゃいごたれ楽団シークレット!週末ストリートLIVEを始めます!

6月8日(土)大通りよつば薬局前で演奏するじゃいごたれ楽団

これからほぼ毎週、金曜日か土曜日の夜9時前後は、盛岡市大通に出没します!やはり外でそれもストリートで演奏するのは気持ちいいです。無視される瞬間、そこにはまさに誰のものでもない「音楽」しかなくなるのです。ライブハウスやイベントでは、なかなか演奏できない、レアな曲や実験的な曲なども演奏する予定です!

練習するスタジオ代の節約と、胆力を鍛えると言うことで、寒くなるまでやろうと思っております!

クロスロード10周年記念ライブに出演してきました!

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、室内

5月19日(日)クロスロード10周年記念ライブ(第一部)に参加してきました。出演者が多いので二回に分けて、第二部は6月16日へと続きます。クロスロードは正にミュージシャンの交差点であり、県内外から本当に沢山の人達が、ライブをやっています。私も2年前にパーシー企画「自鳴のゆくえ」にソロで出演以来、随分とお世話になりました。じゃいごたれ楽団のデビューも昨年のチバ大三企画「盛岡じゃじゃ音」でした。

マスターの清水さんは、ロック、フォークの生き字引であり、生き証人であり、プロアマ問わずミュージシャン愛にあふれた人です。自らがミュージシャンであり、精力的にライブを入れている姿勢には、頭が下がります。盛岡にこんな店があって本当によかった!おかげ様です!

今回は、(も)お祭り気分を出してお客さんと遊びながらのライブとなりました。またまた演奏はめちゃめちゃなところもありましたが、みんなで楽しめたので皆様に感謝です!

1じゃいごたれ楽団のテーマ 2ワレ スナワチ ナンブ ヒャクショウノ タマシイ 3りらっくすしようよ 4外山節 5愛の賛歌 6南部西川納豆節 7あの山超えてどっこいしょ 8あけましておめでとう!

宮古カントリーズカフェで初ライブして来ました!

去る4月14日(日)Acoustic Revolution Vol.23に出演してきました。共演はどーがんずとヒラナイマコトさんで、素晴らしかったです。お客さんも来てくれたし自然にノッてくれましたし、最高のライブでした。話には聞いておりましたが、みんな楽しんでいて明らかに盛岡とはノリが違います。癖になりそうです(笑)

カトリーズカフェのマスター伊藤さんと私、実は高校生のころ、サウンドウィズコーク岩手県大会で、県公会堂で会っていたのでした。私はチンタオ、伊藤さんはノイズポルーションというバンドで参戦していたのでした。宮古の高校生バンドとして、鮮明に頭に残っています。(冷めたコ~ヒ~♪飲み干せば~♪)と、今でも私は歌えます。彼は今、自給自足しながらクロスカントリーをやっていて、まさに理想の男(マスター)でした!

1じゃいごたれ楽団のテーマ  2ワレ スナワチ ナンブ ヒャクショウノ タマシイ  3こけし売りのおじいさん  4外山節  5愛の賛歌  6りらっくすしようよ  7南部西川納豆節  8達者でナ 9赤とんぼ  10あの山超えてどっこいしょ  11あけましておめでとう!

じゃいごたれ楽団ミニアルバム あ・こ・す・ち・く遂にリリース!

あ・こ・す・ち・く じゃいごたれ楽団

1ブルースばぺっこ  2あの山越えてどっこいしょ  3じゃいごたれ楽団のテーマ  4南部西川納豆節  5レッツダンス!  6南部牛追唄  7まんつまんつワールド  8あけましておめでとう!  8曲入り 定価1000円

コンセプトは、出来るだけ二人だけでやれることをやる、生楽器を重ねて、あくまでアコースティックな作品を作ると言うことでした。アレンジの構想はあったのですが、音を録る度に予想外のおもしろさや展開が生まれ、 私と小野牧夫さんとで、いいキャッチボールが出来たと思います。すっかりライブのことは忘れてレコーディングを楽しめたと思います。他のアマチュアのミュージシャンにも、レコーディングをお薦めします。新たな発見や気づきの連続でした。

40種類以上の楽器を延べ200回は録音を重ねて作りました。去年ライブでやってた曲や、和風オールドジャズや民謡などを大胆に等身大に仕上げました。大正琴、文化琴などの和楽器を始め、様々な打楽器など、二人で生楽器を重ね、じゃいごたれワールドになっております。それなりに楽しんで笑ってもらえれば幸いです!ライブの際販売いたします!

取り扱い店 りらくしん整体 (これから増やします)

購入はこちらからメールで住所を書いてお申し込み下さい。郵送いたします。銀行の口座番号をお送りしますので、大変面倒とは存じますが、お振込みをお願いします。送料無料!後払いで結構です!

故畠山孝一さんを偲んで今年は南部牛追唄全国大会に出場します!

思い起こせば小学校の高学年のころ、青山町のお祭のステージりで、畠山孝一さんの南部牛追唄を初めて聞いて、シビレタのを覚えています。私の父と同じぐらいの年だったんですが、目がぎょろっとして男前、子供ながら、よく伸びるパワフルな歌声に、かっこいいなと思ったのを覚えています。

青山三丁目の新興電気というレコードショップで南部牛追唄を買って、すぐに覚えて歌っていました。その頃は中学生の姉がビートルズやフォークなどを聞き始めたころで、私も歌謡曲や漫画の主題歌じゃない歌に興味を持ち始めた頃でした。

その後はずっと離れていましたが、フォークデュオを組んで活動しているうちに、ふっと思い出し、去年毎年岩泉で行われている南部牛追唄全国大会を見に行ったのです。

おお、これぞ歌い継がれるホントのフォークソングと思いました。そしてまだ何も知らなかった子供のころを思い出したのです。よし、来年出る!とそのとき決めてしまいました。

畠山孝一さんはインタビューでも言ってるように、昭和のスター村田英雄さんや三橋美智也さんと同い年なようで、歌はプロでイケメンでしたから、歌謡界に行って大スターになるかもしれない存在だったと思います。

そんな中で岩手に根を張り岩手の民謡を歌い続けた畠山孝一さんは岩手の民謡の大スターです。

晩年の映像を見ても、人間味がにじみ出る岩手そのものという感じで、素晴らしいの一言です。

遅ればせながら、一人のファンとして毎日練習して、歌い継いでいきたいと思っています。