西から流れる川面を見つめて

1 西から流れる川面を見つめて~Ah~

東に上る朝日を追いかけ~Ah~

ありふれた花と小さな虫たち 鳴呼滅びゆく花や虫たち

それは川の流れ 時の流れ 緑の風の流れに舞う

あ~人恋し 恋に恋する空しみを超えて

川面に夢の花を咲かせようよ

ボロボロの幻は捨てちまおうよ

最後の夢の花を咲かせようよ

ここだけのこの季節の一瞬に

2 西から流れる川面を見つめて~Ah~

東に上る夜空を追いかけ~Ah~

この身を粉にして流れに掉さす はねっかえりも

角は取れていく 丸くなる 苦しみも 悲しみも この空しみさえも

若き正しき人の悩みも 人々と交わるうれしみも

それは川の流れ 時の流れ 緑の風の流れに舞う

ああ人恋し 恋に恋する空しみを超えた

川面に夢の花を咲かせようよ

ボロボロの幻は捨てちまおうよ

最後に夢の花を咲かせようよ

ここだけのこの季節の一瞬に

前潟雫石川の川辺で 俺は永遠の歌を歌う

前潟雫石川の川辺で 俺は永遠の歌を歌う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です